入試情報

HOME / 入試情報 / アドミッションポリシー
  • 工学部入試情報
  • アドミッションポリシー
  • 入試の種類(学部)
  • 入試の種類(大学院)
  • オープンキャンパス
  • 出前講義
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

アドミッションポリシー

岩手大学の入学者受入方針

 岩手大学は、地域における知の府としての役割を果たす教育研究の場として、国際的な視野を持ち、幅広い教養と深い専門性を備えて持続可能な共生社会の形成に寄与する人材の育成に取り組んでいます。
 そのために、高等学校等における幅広い学びから育成される基礎的な知識と思考力に加えて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 真理の探究や課題の解決に向けて主体的に取り組む姿勢
  • 地域社会や国際社会に貢献する意欲とリーダーシップ
  • 自然や人を思いやる心と倫理性
  • 豊かな発想とチャレンジ精神、そしてコミュニケーション能力

工学部のアドミッション・ポリシー

 工学部は、科学技術分野に関する基礎学力と工学分野における課題を解決するために必要な専門的能力を有し、国際的視点に立ちながら地域社会づくりに貢献できる技術者や研究者の育成を行います。
 また、人間社会の持続可能な発展という使命のもと、工学分野の基礎から応用までの広範な研究を推進することを目指します。
 そのために、本学部では次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  • 工学を学ぶに相応しい基礎学力
  • 工学分野における豊かな発想力と論理的な思考力
  • 工学分野における課題を積極的に解決しようとする探究心


工学研究科(博士前期課程)のアドミッション・ポリシー

 岩手大学大学院工学研究科(博士前期課程)は、科学技術分野において、広範な専門基礎学力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を有し、地域社会と国際社会の発展及び自然環境との共生を重視する高度な専門技術者・研究者を育成することを目標にしています。
 このような観点から、当大学院では、次のような資質・能力を有する人を求めます。

一般入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
  2.問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
  3.倫理観を有し、高いモチベーションで日々努力する人
社会人入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
  2.社会人の経験を通して、柔軟で幅広い知識と倫理性を兼ね備えた人
  3.問題解決に高いモチベーションで日々努力する人
外国人留学生入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門基礎学力を有する人
  2.問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
  3.日本文化を理解し、倫理観と高いモチベーションを備えた技術者・研究者として国際的に活躍できる人

入試における評価方法
 上記3つの項目に対し、次の項目で評価します。
  ・ 学力検査
  ・ 面接による質疑応答(卒業研究等での活動状況、研究理念、社会・自然環境への配慮等)及び書類審査



工学研究科(博士後期課程)のアドミッション・ポリシー

 岩手大学大学院工学研究科(博士後期課程)は、科学技術分野において、広範な専門学力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を有し、地域社会と国際社会の発展及び自然環境との共生を重視する高度な専門技術者・研究者を育成することを目標にしています。
 このような観点から、当大学院では、次のような資質・能力を有する人を求めます。

一般入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門学力を有する人
  2.問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
  3.倫理観を有し、高いモチベーションで日々努力する人
社会人入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門学力を有する人
  2.社会人の経験を通して、柔軟で幅広い知識と倫理性を兼ね備えた人
  3.問題解決に高いモチベーションで日々努力する人
外国人留学生入試
  1.研究・開発能力を培うに必要な専門学力を有する人
  2.問題解決に意欲を有し、実行力・具現化能力に優れた人
  3.日本文化を理解し、倫理観と高いモチベーションを備えた技術者・研究者として国際的に活躍できる人

入試における評価方法
 上記3つの項目に対し、次の項目で評価します。
  ・ 学力検査
  ・ 面接による質疑応答(開発研究等での活動状況、研究理念、社会・自然環境への配慮等)及び書類審査