工学部 学科紹介 電気電子工学科 研究紹介

Department of Electrical and Electronic Engineering

電気電子工学科

研究紹介

電気電子工学科の研究は電子工学から電力工学さらに医療・食品・農林分野および環境保全・リサイクル技術など幅広い応用分野まで展開しています。

〈電子デバイス工学講座〉 半導体、超伝導材料、磁性材料、光材料・マイクロ波材料などの電子材料と複合化による電子デバイスの開発。
〈電子システム工学講座〉 産業用CT、SQUID、センサーシステム、コンピュータ応用技術および情報通信技術。
〈電気エネルギー工学講座〉 プラズマを利用した排気ガス処理、次世代の電力開発に期待される固体内核反応、高電圧における絶縁破壊現象。
講座の図版
薄膜作製

超高速・高感度超伝導素子の開発による、GHz帯デバイスの実現、マイクロ技術による光電子デバイス。

複合化技術

磁気エレクトロニクスと木材工学との融合化により、岩手大学で誕生した磁気・木質機能を有する磁性木材。

電子計測・通信システム

電磁波・超音波・光・磁界を利用した産業用や医療用システム・バイオ・センサーシステム。高性能LSI開発による動画像処理。およびデジタル放送用TVアンテナシステム(東京タワーに設置)。デジタルコンピュータの応用。

プラズマや強電磁界の利用

プラズマによる自動車の排ガス処理(大気汚染対策)など環境保全技術の開発。

クリーンエネルギー

次世代のクリーンエネルギーとしてまた放射性廃棄物処理技術として期待される固体内核反応研究。

電子工学の融合化

マイクロエレクトロニクスとナノケミストリー分野との融合化による高性能二次電池の開発。


岩手大学工学部は、平成21年度(2009年度)4月に統合・改編しました。このページの情報は平成20年度(2008年度)入学生までに適用されるものです。新しい工学部に関する情報は、こちらのトップページからご覧ください。
このページの上へ