工学部 学科紹介 機械工学科 学科の特色

Department of Mechanical Engineering

機械工学科

学科の特色

実験の様子

機械工学科は、具体的課題からアプローチする体験重視による教育と、合宿研修など密度の濃い少人数制、開発の現場や機械制御には必須となる情報教育の重視、地域産業の厚い支援に支えられた研究や就業体験学習などを特色としています。

ものづくりの楽しさを体験でき、メーカーに就職したとき役立つ設計・開発能力を身に付けることができるだけでなく、最先端の技術が生まれる瞬間の感動を味わうことのできる、広範な理論や知識の習得をめざす学科です。

機械工作実習
ロボット
機械を作る経験をはぐくむ

ロボットやエンジンを自分で作ることができますか。機械工学実習では、機械を作るためのマザーマシンの扱い方からエンジンの基となる鋳物の作製方法まで、さまざまな製造手段を実際に体験します。さらに、自分たちで企画・設計・製造を体験し、ものづくりの苦労や楽しさを存分に経験できます。高価なマザーマシンを扱って自分たちだけの機械を作るチャンスは機械工学科ならではです。

CAD製図・コンピュータ教育
コンピュータ教育
機械の新しい時代をめざす

多くの自動車はすでにコンピュータで制御されています。機械の設計も多くがコンピュータ上でシミュレーションに基づいて行われています。機械工学科はカリキュラム上でもコンピュータ関連の教育に重点を置いています。機械設計や開発、機械制御にはどうしても必要となるからです。機械工学科ならコンピュータでコントロールする機械を作ることもできます。

機械工学実験
機械工学実験
研究を知り技術を学ぶ

大学で行われているさまざまな研究。企業の開発で用いられるさまざまな技術、そして自分がどのような技術者・研究者に向いているか、機械工学実験では実体験を通してこれらを学べます。技術者・研究者の卵として、設計した機械の評価方法・開発のための実験方法・さまざまな機械の制御方法を身に付ける、それが機械工学実験です。

産学官共同研究
地域とともに育つ技術と人材

地場の地域産業および地域生活への応用をめざす岩手県地域集結型共同研究事業の一環として、希土類系高温超伝導バルク磁石の製造、実用化に必要不可欠な強度評価の研究が行われています。そのほか機械システム・要素について、広い分野で民間企業・国公立研究機関・他大学との共同研究が進められています。また、地域産業の厚い支援に支えられ、工場見学や就業体験学習などを実施して実務に強い人材を育成しています。


岩手大学工学部は、平成21年度(2009年度)4月に統合・改編しました。このページの情報は平成20年度(2008年度)入学生までに適用されるものです。新しい工学部に関する情報は、こちらのトップページからご覧ください。
このページの上へ