工学部紹介 応用化学・生命工学科 Department of Chemistry and Bioengineering

HOME / 応用化学・生命工学科:学びの内容
  • 工学部紹介
  • 応用化学・生命工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • マテリアル工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 電気電子・情報システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 機械システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 社会環境工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 応用化学・生命工学科
  • マテリアル工学科
  • 電気電子・情報システム工学科
  • 機械システム工学科
  • 社会環境工学科
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

応用化学・生命工学科 〜学びの内容

無機化学・有機化学・物理化学・生命科学の4分野を柱に、専門基礎的な教育分野を展開します。

安全で健康的な生活を築くための科学基盤として、有用物質の創製、新エネルギーシステムの開発、生命現象の理解とその応用は重要な課題です。本学科では、これらの課題に対処するために化学と生命工学を融合させ、それぞれの分野の教育では達成できなかった人や環境にやさしい機能性物質、化学プロセス、生命体情報にかかわる技術開発に対する課題解決能力を身に付けた専門技術者を育成します。具体的には、無機化学・有機化学・物理化学・生命工学の4つの分野を柱として、専門基礎的な教育研究を行っていきます。

科学と生命工学のハイブリッド化
物理化学分野

物理化学や量子化学、反応工学、分離工学などの基礎知識をもとにして、有用な物質・材料の合成、機能制御、構造解析などに関する教育研究を行います。

生命工学分野

生物学や生命化学、分子細胞生物学などの基礎知識をもとにして、有用物質生産や幹細胞利用に関するバイオテクノロジー、および生命情報に関する生理・生物情報学などの教育を行います。

無機化学分野

無機化学や分析化学、界面化学、電気化学、環境化学などの基礎知識をもとにして、環境に配慮した機能性無機材料やエネルギー変換材料などに関する教育研究を行います。

有機化学分野

有機化学や有機反応化学、高分子合成化学、高分子材料化学などの基礎知識をもとにして、化学製品や医薬品、電子材料などの開発に必要な教育研究を行います。