工学部紹介 社会環境工学科 Department of Civil and Environmental Engineering

HOME / 工学部紹介 / 社会環境工学科:学びの内容
  • 工学部紹介
  • 応用化学・生命工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • マテリアル工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 電気電子・情報システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 機械システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 社会環境工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 応用化学・生命工学科
  • マテリアル工学科
  • 電気電子・情報システム工学科
  • 機械システム工学科
  • 社会環境工学科
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

社会環境工学科 〜学びの内容

建設・環境・防災・福祉をキーワードに、
それぞれの分野に精通した技術者の養成をめざします。

安全・安心な社会基盤の整備をはじめ、既設構造物の維持・管理、環境問題の克服、循環型社会の実現など、これまで築いてきた社会資本を 次世代に継承していく上で建設工学の役割はさらに重要になっています。また、少子高齢化による人口減少は都市や地方の生活環境の在り方を変え、 これからの地域社会の構築にも大きな影響をあたえています。このような観点から、本学科では従来の建設環境工学科を発展・充実させ、建設・環境・防災・福祉をキーワードに教育研究を展開し、それぞれの専門分野に精通した建設技術者の養成をめざします。

安全・安心な社会の構築
建設工学分野

構造力学や土質力学、水理学などの建設や社会環境工学にかかわる基礎とともに、道路や橋梁、建設材料、維持管理、設計手法などについても教育研究を行います。

防災工学分野

建設工学を基礎に、水工学、地震防災工学、耐震工学、地質工学などについても教育研究を行います。

環境工学分野

都市・交通計画学や上下水道工学、環境化学などの社会環境工学にかかわる基礎とともに、水・大気・地圏環境工学、廃棄物処理工学、生態系などについても教育研究を行います。

福祉基盤工学分野

生活の場の快適と健康をテーマに、福祉住居学、福祉支援工学、都市および交通計画、景観工学、ユニバーサルデザインなどについて教育研究を行います。