工学部紹介 工学部紹介 電気電子・情報システム工学科 Department of Electrical Engineering, Electronics and Computer Science

  • 工学部紹介
  • 応用化学・生命工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • マテリアル工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 電気電子・情報システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 機械システム工学科 学びの内容
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 社会環境工学科
    • 学科トピックス
    • カリキュラム
    • 教員紹介
    • 将来の進路
    • 在学生メッセージ
    • 公式サイト
  • 応用化学・生命工学科
  • マテリアル工学科
  • 電気電子・情報システム工学科
  • 機械システム工学科
  • 社会環境工学科
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

在学生メッセージ

ひとつの「興味」が大きな可能性を秘めている。

電気電子・情報システム工学科 電気電子工学コース 2年
伊藤 拓真 さん(横手高等学校出身)

私の時間割

○○さん

高校生のとき、私は物理の先生の影響で、物理学というあらゆる現象を解明する学問に魅了されました。それがきっかけで、ごく身近にある携帯電話やテレビなどの電気製品はどのような仕組みで動いているのか知りたくなり、この学科を志望しました。

1年次は、一般教養科目や外国語の授業が多く大変でしたが、普段教わることのない先生の授業を受けることができたり、他学部の人たちとも交流できるので本当に良い刺激になりました。2年次は、実験など本格的な授業が増えます。実験では大学院の先輩方が優しく丁寧に指導してくださるので、質問など、コミュニケーションも取りやすく、楽しく実験できる環境であることは岩手大学工学部ならではだと強く感じます。また、授業も大変興味深く面白いものばかりで、先生方の話しを通して自分の知識や興味が広がり、実際に、私も自動車関係の仕事に就きたいと思うようになりました。

このように大学では、ひとつの「興味」が大きな可能性を秘めているのです。高校生のときにはいろいろな教科を学びますが、その中で自分は何が好きなのか、何に向いているのかを少しでも発見できれば、それが必ず大学における学びの道しるべになると思います。

「入学した後の事まで考えた志望校づくり」をして欲しい。

電気電子・情報システム工学科 情報システム工学コース 2年
菅原 隼人 さん(花巻北高等学校出身)

私の時間割

○○さん

『志望校は家からの距離で決める』そう思っていた時期が私にはありました。昔からテレビゲームが大好きだったため、中学から自然とパソコンに興味を持ち、その延長で志望したのが岩手大学工学部の電気電子・情報システム工学科だっという次第です。しかし、今ではすっかり大学生活が楽しめるようになりました。

電気電子・情報システム工学科の一番の売りはなんと言ってもパソコンに触れられる機会が一番多い点です。C言語やCASLIIなどのプログラミング言語で簡単ながらも骨のあるプログラムを組むことは、この学科で一番難しく、そして面白い点だと思います。工学部の学生なら誰でも、備え付けのパソコンで24時間それらの学習ができる環境があります。(ネットも繋がっているので、こっそりならVIP板覗けます。うれしい限りですね)

『進路を考え』『受験に向けての学習』を怠らずに両方やらなくてはならないのが、高校のつらいところです。しかし、高校生の皆さんに留意して欲しいのは、大学での学習は、高校の知識を基本にさらなる知識を重ねるということです。小学校から中学校、中学校から高校へ進学する際に言われるようなことが、大学でも言えるのです。
この電気電子・情報システム工学科では、卒業までの4年間に留年してしまう人が約4分の1と非常に多いです。ですから、特に推薦で入られる方には、『入学した後の事まで考えた志望づくり』をぜひやっておくべきだと伝えたいと思います。