工学研究科紹介

HOME / 工学研究科紹介:博士後期課程 / フロンティア物質機能工学専攻
  • 工学研究科
  • 博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • フロンティア材料機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 社会環境工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
  • 金型・鋳造工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械・社会環境システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
  • フロンティア材料機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械システム工学専攻
  • 社会環境工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 金型・鋳造工学専攻
博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械・社会環境システム工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

博士後期課程
フロンティア物質機能工学専攻 概要

表面界面制御、先端材料制御、極限計測の研究基盤の上に

従来の「フロンティア材料機能工学専攻」と「物質工学専攻」を統合した新しい専攻です。岩手大学のポテンシャルである「表面界面制御」「先端材料制御」「極限計測」の研究基盤の上に、エネルギーと環境の問題解決を手掛かりにしながら、新しい理論的枠組みに基づく物質の創成、ならびにその機能の活用と諸材料のプロセスの開発について研究教育を行っています。

具体的には「環境エネルギー」「マテリアル創成」「フロンティア化学」の3分野を柱として、それぞれを横断する共同研究を通し、科学技術の体系化された教育を実践しながら、北東北をはじめ、国内外の産業の将来の展開を見据え、産業のレベルアップと質的な構造改革に寄与できる、倫理観があり視野の広い人材の育成をめざします。

[概念図]