工学研究科紹介

HOME / 工学研究科紹介:博士前期課程 / 応用化学・生命工学専攻
  • 工学研究科
  • 博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • フロンティア材料機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 社会環境工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
  • 金型・鋳造工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械・社会環境システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
  • フロンティア材料機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械システム工学専攻
  • 社会環境工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 金型・鋳造工学専攻
博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械・社会環境システム工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

博士前期課程
応用化学・生命工学専攻 概要

化学と生命工学の融合で人と環境にやさしい技術開発へ

新しい有用物質の創製、新エネルギーシステムの開発、生命現象・生命情報機構などの研究は、地球環境や生命との調和をめざす21世紀の社会にとって、欠かすことのできない科学技術基盤です。

従来の化学分野と生命工学分野が融合した応用化学・生命工学専攻では、人と環境にやさしい機能性物質、化学プロセス、生命体情報等をテーマに教育研究を展開。 2年間の学びを通して、化学および生命現象における物質基盤とその作動原理を十分に理解し、高度で複合的な問題に対する解決能力を有した国際的に通用する高度専門技術者の育成をめざします。

本専攻では、有機・高分子化学コース、無機・物理化学コース、生命工学コースの3コースを設定。各コースの連携のもとで個々の研究テーマを深め、専門性を身につけていきます。

[概念図]