工学研究科紹介

HOME / 工学研究科紹介:博士前期課程 / 金型・鋳造工学専攻
  • 工学研究科
  • 博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • フロンティア材料機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 社会環境工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
  • 金型・鋳造工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 電気電子・情報システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • 機械・社会環境システム工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
  • デザイン・メディア工学専攻
    • トピックス
    • 研究者一覧
    • 公式サイト
博士前期課程
  • 応用化学・生命工学専攻
  • フロンティア材料機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械システム工学専攻
  • 社会環境工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 金型・鋳造工学専攻
博士後期課程
  • フロンティア物質機能工学専攻
  • 電気電子・情報システム工学専攻
  • 機械・社会環境システム工学専攻
  • デザイン・メディア工学専攻
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

博士前期課程
金型・鋳造工学専攻 概要

経営的センスを兼ね備えた専門的高度技術者を育成

本専攻は、日本のものづくりを支える金型と鋳造の基盤技術に特化した日本で初めての大学院です。
岩手地域の金型産業は時計部品、電気機械工業、自動車製造などに関して高い水準にあるほか、鋳造も南部鉄器などの工芸品の伝統があり、自動車エンジンや機械部品として高い水準を持っています。

これらの分野で世界の拠点となるには人材の育成が急務であることから、本専攻では地域のニーズに密着しながらも日本のものづくりの発展進化を願い、理論と実際の製造工程を知り、経営的センスを兼ね備えた専門的高度技術者を養成します。また、それを通して技術の継承・高度化を図り、世界に通用するものづくり地域の形成と日本のものづくりの発展・継承に貢献することを目指します。

[概念図]