岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

各専攻の案内>応用化学専攻

専攻概要

「豊かさ・快適さ」と「地球環境との調和」の両立を目指す、応用化学

人類は化学変化の仕組みを理解して活用することで材料を創製し、エネルギーを利用して、豊かで快適な社会をつくってきました。これからは、地球環境に調和した「安全なものつくり」を通してこの豊かさを維持してゆくことが必要です。

このためには、化学−分子レベルで変化を説明する学問−を武器にした役に立つ技術が必要不可欠なのです。応用化学専攻では基礎化学を土台にして新しい時代を支える研究を行います。

さらに、応用化学専攻には外国人の研究スタッフと留学生が多く在籍しているので、研究生活を通して国際性が身に付きます。

国際会議で研究成果を発表する意欲的な学生もいます。研究成果を地域活性化に役立てる試みもあります。

基礎化学講座

無機・有機化合物の構造と機能及びその利用に関する新しい概念や方法の提唱を目的とし、合成化学、反応化学、分析化学及び反応工学的手法に基づく、新規物質の合成と分子レベルでの物質の構造とその性質に関して研究します。

展開化学講座

化学分野の工学的諸問題を解決し、産業界への展開を目的とし、無機・有機・高分子材料の創製、新しいエネルギー変換の実現、並びに物理化学を基礎として、物質の分離精製及び物質の生成過程解明について研究します。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ