岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

各専攻の案内>材料物性工学専攻

専攻概要

絶えず進化を続ける材料、ミクロからマクロに至る幅広い視点で材料開発の創造力を培う

地球資源の有限性、環境との調和が認識されるようになった現在、高機能・高性能のデバイスを担うる新素材・新材料の開発が不可欠です。

材料物性工学専攻は、新しい機能を有する材料の開発とその高機能化の研究に対応できる新世紀を創造する高度な専門家を養成することを目的としています。

ミクロからマクロに至る幅広い視点で無機、金属、半導体、超伝導体など技術革新のキー・テクノロジーとなる新材料の材料設計、物性解明、機能制御、素材プロセッシング、材料加工、リサイクルに関する高度な専門教育と研究を体系的に展開しています。

材料学講座

材料の組織、形態、界面などを制御した高機能材料の創製と材料の本来の性能を発揮できる最適な素材製造、加工・複合化技術、またその再生利用技術に関する高度な専門教育と研究を行っています。

物性学講座

電子論、量子論などに基づき、原子・ナノレベルのミクロな観点から物質の性質や機能の発現機構を解明し、新しい半導体デバイス、新機能材料、超伝導体の開発とその応用に関する高度な専門教育と研究を行っています。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ