岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

各専攻の案内>電気電子工学専攻

専攻概要

電気電子工学の(高度な)専門技術者・研究者を育成します。

本専攻は、電気電子工学の分野において、広範な専門学力と未知の課題を積極的に解決できる専門的応用能力を持ち、広く社会の発展に寄与できる高度な専門技術者・研究者を育成することを目的としています。

そのため、電子材料の開発とそれを利用する電子デバイス開発の教育研究を行う「電子デバイス工学講座」、個々の人間あるいは社会活動に密着した様々な電子システムの構築とその集大成である電子計算機の高度利用の教育研究を行う「電子システム工学講座」、人間社会の活動を支える電気エネルギーの発生と有効利用を教育研究する「電気エネルギー工学講座」の3つの講座を設け、それらを有機的に結びつけて教育・研究にあたっています。

電子デバイス工学講座

高性能超伝導薄膜や新機能磁性材料のような各種電子材料の開発と、これらを応用した新しいデバイスの開発やデバイスの高機能化を目指した教育と研究を行う。

さらに、アンテナの高性能化についても教育と研究を行う。

電子システム工学講座

電子回路学、計測制御工学、電子計算機学等を基礎にして、センシングシステム、計測制御システム、画像再構成システム、デジタル信号処理、光電変換システム等の各種電子システムの開発を目的とした教育と研究を行う。

電子エネルギー工学講座

プラズマ工学、強電磁界工学の基礎的な物理現象に立脚し、電気エネルギーの発生及びその有効な利用方法の開発を目的とした教育と研究を行う。クリーンエネルギーの発生、大気中有害物質の除去など、環境改善を目指した教育と研究を行う。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ