岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

各専攻の案内>機械工学専攻

専攻概要

機械システムそのもの、その要素技術、

それらの背後にある支配原理の教育研究を行う。

機械は、本質的に、システムです。従って、本専攻では、まず、機械システムそのものの研究を行っています。例えば、航空機や車のエンジン、外科手術支援機器、風車、ロボット、工場の生産ライン、生体システムの研究などです。

次に、このシステムを構成する機械要素やこれらの要素を作っている材料、その材料の加工、システムの作動流体の挙動や作動環境に関する研究、そして、その基礎となる原理的基礎的研究を行っています。

例えば、歯車や金型、センサーやアクチュエータ、超伝導体や機能性材料、材料の破壊や疲労、乱流や燃焼、凝固や融解、CAEや数理解析の研究です。教育は、主に、これらの広く深い研究を通して実践的に行われています。

機械システム工学講座

手術用支援機器および作業用/多足ロボットの開発、傾斜機能材料および形状記憶合金の材料設計とその応用、多孔質材および半導体のコンピュータ材料科学に関するシステム的な研究教育を行っています。

機械生産基礎工学講座

超伝導体・機能材料の極低温下における力学特性の評価と試験法の確立・規格化、研磨研削・スライシング等の加工(ハード面)と生産システムのスケジューリング・マッチング(ソフト面)に関する基礎的研究教育を行っています。

機械エネルギー工学講座

航空機と車のエンジンや小型風車の高性能化/最適化、境界層遷移/乱流遷移・燃焼・融解凝固の解析とメカニズムの解明、これらのための大規模高速FCM(計算流体力学)に関する研究教育を行っています。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ