岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

各専攻の案内>フロンティア材料機能工学専攻

専攻概要

物質や材料の機能を制御し、エネルギーや環境など重要で実際的な分野へ展開する工学研究

工学部・工学研究科の先端的、横断的研究領域をさらに展開し、新時代をリードする専攻です。

■工学部最先端の知恵と技術を融合させた新しい学問研究に挑みます

岩手大学のポテンシャルである「表面界面制御」「先端材料制御」「極限計測」の研究基盤をもとに、新たなパラダイムに基づく物質創成と特徴ある機能の開発と活用の研究を行います。

■学生や社会人などさまざまな対象者を積極的に受け入れ、学びたい意欲に応えます

社会人として活躍している人が、自分の専門性を深めるために大学院で学ぶケースが増えています。こうしたニーズをふまえ、社会人特別選抜入試を実施し、企業や官公庁などに在職している社会人を積極的に受け入れます。

■社会の要請に応える優れた人材を育成します

環境やエネルギーといった重要で普遍的な目標をめざし、材料機能の制御と応用展開に優れた研究者、技術者、研究開発指導者のような、産業界に貢献する人材の育成を目指します。工学部・工学研究科の先端的、横断的研究領域ををさらに展開し、新時代をリードする専攻です。

ナノ材料工学講座

本講座では、ソフトケミストリー、インターカレーション反応、電気化学反応、高品質薄膜生成技術、微細加工技術、磁場などのパラメーターを利用した物質制御等を駆使し、層状金属酸化物や導電性有機物といった物質の機能の高度化、多様化を行います。

機能と構造の協奏した材料の調製と応用展開を目指し、界面制御に基づいて有機・無機物質の複合化ならびにナノ物質の組織化による新規材料の開発に関する高度な教育・研究を行います。

環境エネルギー材料工学講座

本講座では、物質の構造をナノ・マイクロオーダーで制御し、新たな機能付与することにより機能材料の展開をはかります。

機械、電気材料、化学などに関連する学際領域を統合し、エネルギー、環境問題の解決に向かって、トライボロジー、マイクロエレクトロニクス、イオンの吸着除去など実用的および実生活との関連ある分野において、表面制御、先端材料制御や環境浄化機能を活用した高度な教育・研究を行います。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ