岩手大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering,Iwate University

博士後期課程プログラム

物質工学専攻

■物質化学講座

高度な専門性とともに時代の変化に対応できる柔軟性さらに国際競争力を備えた研究者を養成します。そのために最新の研究情報を的確に理解して応用する能力、持論を証明するための適切なプロセスを構築する能力、そして研究成果を公表する能力を養います。

修了生は技術開発や基礎化学の研究にたずさわる企業の指導的研究者、公的研究機関の博士研究員、大学の教員などに就きます。

■機能材料工学講座

物質の性質は構成元素の組み合わせによって決まります。しかしながら物質が材料になるためには、必要に応じた機能と形状が与えられなければなりません。

本講座では、材料の機能を物性という観点から解明すると共に、材料の物理・化学的性質に基づいた新素材の創製と製造プロセスを含めた機能の制御など広範かつ高度な研究を行っています。

これらの研究をとおして研究者として不可欠な高度な専門知識と問題解決のための能力を身につけます。

生産開発工学専攻

■建設システム工学講座

社会基盤としての道路・鉄道・港湾・水道などの公共施設を、より丈夫で長持ちするように建設技術の開発をめざします。また、地球環境や人間の住む生活環境の改善をする研究を行います。世界に情報発信するため、国際会議にも出席し、国内外の専門誌に論文を発表することが義務づけられています。

■機械知能工学講座

航空機エンジンから外科手術支援ロボットに至る多彩な機械や装置の研究、その基礎となる超伝導材・機能性材料・形状記憶合金等の材料研究、その生産システムの研究、それらを支える加工法・流体関連振動・燃焼・溶解・凍結・各種試験法の研究、バイオマス・風車・メタノールエンジン等の環境適応型技術の研究を行っています。

電子情報工学専攻

■電子応用工学講座

デバイス、システム、エネルギーの3分野に重点を置いた教育と研究を行います。電子材料・デバイスの研究開発、デバイスの機能をシステム化した回路系の構築と電子計算機や計測・制御・通信等の各種電子システムの開発、また、環境負荷の少ない電気エネルギーの発生から有効利用までの教育研究を行います。

■情報システム工学講座

大別して、新しい理論の確立を目指す数理情報科学と生物情報処理に関する分野を扱う情報科学・工学の基盤に関する分野、高性能な計算機アーキテクチャと高信頼化技術を扱う計算機システムの設計に関する分野、及びマルチメディア情報を取り扱うパターン情報処理に関する高度情報システムの構築に関する分野からなる。

フロンティア材料機能工学専攻

■ナノ材料工学講座

高性能リチウムイオン二次電池用電極材料の創製、機能性材料と環境の界面に生じる電気化学的反応を伴う諸現象のモニタリングと機構解明や反応制御、分子の配向制御や自己組織化などナノレベルの物質制御方法を駆使した新しい材料の開発、孔表面制御・界面制御に基づくヘテロナノ素材の集積化と有機・無機材料の高度複合化および環境浄化機能材料の創製に関する教育研究を行います。

■環境エネルギー材料工学講座

表面の構造とトライボロジー特性の関係を検討し、潤滑剤を含む環境物質と表面元素の反応性やそのトライボロジー特性の解明、高機能性薄膜創製とその薄膜デバイス化や第一原理電子状態計算法などの物質シミュレーション手法によるナノ構造領域の材料制御および界面制御、環境安全科学・環境毒性学および機能性材料や微生物機能を用いた汚染環境の浄化・修復に関わる教育研究を行います。

岩手大学 工学部
工学研究科TOP
工学研究科への紹介
各専攻の案内
岩手大学施設
地域連携
博士後期課程プログラム
サポート体制・入試情報
お問い合せ