概要

HOME / 概要 / 施設・設備 / 地域防災研究センター
  • 工学部・工学研究科 概要
    • 教育理念
    • 社会活動
  • 学部長メッセージ
  • 組織
  • 施設・設備
    • 融合化ものづくり研究センター
    • 金型技術研究センター
    • 鋳造技術研究センター
    • 複合デバイス技術研究センター
    • ものづくりエンジニアリングファクトリー
    • ソフトパス工学総合研究センター
  • 交通案内
  • パンフレット
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

地域防災研究センター

研究概要

我が国の防災対策は、防災施設の整備に代表されるハードウェア対策と、防災意識の啓発や自主防災組織の育成に代表されるソフトウェア対策が有機的に連携した総合防災対策へと転換しつつあります。この新しい防災対策では、地域の地理的・社会情勢や自然災害の種類・規模の把握が不可欠です。本センターは岩手県の地域特性に即した総合防災対策の研究拠点として設立されました。

本センターでは、岩手県内で起きうる自然災害、特に火山、地震、斜面崩壊、津波、洪水などに関する発生メカニズムとその地域特性の解明、産官学住のネットワークを活用した防災・減災手法の開発、防災意識の啓発や防災教育の支援などの活動をしています。

概念図

地域を支える「エコ・リーダー」・「防災リーダー」育成プログラム

地域防災研究センター

環境問題や地域防災活動の重要性を地域、学校、職場などへ伝え、そこでの活動を牽引するリーダーを養成することを目的に、“地域を支える「エコ・リーダー」・「防災リーダー」育成プログラム”に社会環境工学科教員と協力して取り組んでいます。受講生には、このプログラムを通じて得られた知識やプレゼンテーション能力を生かして、学校での環境教育や防災教育の強化、町内活動の企画と実践、あるいは企業が実施する社会貢献としての地域活動などをリーダーとして活躍することが期待されます。

STEP 1
基礎講習
STEP 2
テーマ別講習
エコリーダー養成コース:地球温暖化・廃棄物処理・河川環境・環境マネージメント・都市環境
防災リーダーコース:地震・洪水・津波・火山・斜面災害・防災まちづくり
STEP 3
演習・実習
STEP 4
修了制作・発表