概要

HOME / 概要 / 教育理念
  • 工学部・工学研究科 概要
    • 教育理念
    • 社会活動
  • 学部長メッセージ
  • 組織
  • 施設・設備
    • 融合化ものづくり研究センター
    • 金型技術研究センター
    • 鋳造技術研究センター
    • 複合デバイス技術研究センター
    • ものづくりエンジニアリングファクトリー
    • ソフトパス工学総合研究センター
  • 交通案内
  • パンフレット
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

教育理念

理念

岩手大学工学部は,工学分野および周辺領域の専門知識を有し、国際的に活躍できる人間性豊かな人材の育成と科学技術分野における基礎研究と応用研究を積極的に推進することによって、自然界の摂理の解明と技術革新の推進に貢献します。
また,これらの教育研究活動を地域社会との連携を通して推進し,地域および国際社会とともに生きる工学部づくりを行います。

教育目標

地域社会および国際社会の発展に貢献できる人材の育成をめざします。

  1. 幅広い工学的基礎能力と倫理性を兼備した人材の育成
  2. 工学的課題を達成する能力と国際基準を満たす専門的能力を有する人材の育成
  3. 地域社会や国際社会と積極的に交流することのできる理解力や対応能力を有する人材の育成

研究目標

工学の分野における基礎研究から商品化研究までの広範な研究を積極的に推進し、地域社会や国際社会の発展に貢献することをめざします。

  1. 工学分野およびその周辺分野の基礎研究により新しいシーズの発掘
  2. 地域社会や国際社会からのニーズの発掘
  3. 応用研究や実用化研究の推進

社会貢献目標

教育・研究活動の成果を地域社会および国際社会に展開して、これらの発展に貢献することをめざします。

  1. 産学官民の連携による産業振興への対応
  2. 環境および福祉問題における諸課題への対応
  3. 生涯学習社会における諸問題への対応

アドミッションポリシー

上記各目標を達成するために、本学部は次のような学生を求めています。

  1. 工学を学ぶにふさわしい基礎学力を有する学生
  2. 豊かな発想力と論理的な思考力をもった学生
  3. 新しい課題に積極的に挑戦する意欲を有し、持続的な努力ができる学生