概要

HOME / 概要 / 教育理念
  • 工学部・工学研究科 概要
    • 教育理念
    • 社会活動
  • 学部長メッセージ
  • 組織
  • 施設・設備
    • 融合化ものづくり研究センター
    • 金型技術研究センター
    • 鋳造技術研究センター
    • 複合デバイス技術研究センター
    • ものづくりエンジニアリングファクトリー
    • ソフトパス工学総合研究センター
  • 交通案内
  • パンフレット
  • 工学部紹介の動画
  • 研究室訪問
ここからコンテンツが始まります

教育理念

地域社会とともに生きる。岩手大学 工学部・大学院工学研究科

岩手大学工学部は、工学分野および周辺領域の専門知識を有し、国際的に活躍できる人間性豊かな人材の育成と、科学技術分野における基礎研究と応用研究を積極的に推進することによって、自然界の摂理の解明と技術革新に貢献します。また、これらの教育・研究活動を地域社会との連携をとおして実践し、地域社会とともに生きる工学部をめざします。

教育活動

豊かな教養と高度な専門性を備えた人材の育成

岩手大学は真理を探究する教育研究の場として、学術文化を創造しながら深い教養と高い専門性を備えた人材の育成を基本的な教育目標としています。工学部では、幅広い工学的な基礎学力と倫理性を兼ね備えた人材、工学的課題を解決する能力と国際レベルの専門知識を有する人材、地域社会や国際社会と積極的に交流し社会の発展に貢献できる人材を育成します。

  • 国際化に対応するために「専門英語」、「国際研修(海外語学研修)」を取り入れています。
  • 社会性を身に付けるために「社会体験学習(国内インターンシップ、海外インターンシップ)」や「工場見学」を実施しています。
  • 情報化時代に対応するために「情報科目」を開講しています。
  • 工学的な課題に対処する能力を養うために4年次では「卒業研究」に最も重点を置いています。

研究活動

地域社会や国際社会の発展に貢献

工学部では、工学の分野における基礎研究から実用化研究までの広範な研究を人間社会と自然環境の共生を図りながら推進し、地域社会と国際社会の持続的な発展に貢献することを研究目標としています。工学分野およびその周辺領域の基礎研究を実施することにより新しいシーズを発見し、地域社会や国際社会からのニーズを積極的に発掘し、応用研究や商品化研究へ発展させていきます。

  • 研究成果は国内外の学会で発表し、学術雑誌に掲載します。
  • 大学の知的財産の確保のために、研究成果を特許として出願します。
  • 民間企業との共同研究数は全国の大学の上位10~12位に位置しています。
  • 工学部教員1人当たりの共同研究数は全国でトップクラスです。
  • 産学官共同の大型の研究プロジェクトを推進しています。

社会貢献

産学官民の連携のもとに

工学部は、教育・研究活動の成果を地域社会および国際社会に展開し、産学官民の連携による産業振興、環境や福祉における課題および生涯学習社会における問題に積極的に取り組み、社会の発展に貢献することをめざしています。

  • 産学官共同研究の成果から新製品の開発やベンチャー企業を創出しています。
  • 「岩手山の噴火の予知と防災」や「県境の産業廃棄物の撤去問題」など、地域の課題に取り組んでいます。
  • 公開講義、公開講座、科学技術の展示会などを実施し、工学技術に関する教育啓発活動を行っています。
  • 岩手県内7市と相互友好協力協定を締結し、地域の産業振興のために活動しています。
  • 海外の大学・研究機関との学術交流を活発に行っています。