岩手大学工学部 研究室訪問 Lab.Navi《ラボナビ》

岩手大学 工学部・大学院工学研究科

研究イメージ
第一原理計算によって導き出された結果に基づき、電子の状態を描画ソフトで表す。
研究イメージ
金の表面に吸着したカーボンナノチューブの電子構造を自作の並列計算機で計算。その結果をCG化。
研究イメージ
 

分子動力学という分野の計算にも
取り組んでいるそうですが…。

 ええ。原子と原子がぶつかったり反応したりする際の原子の動きそのものを、実時間でシミュレートしようというものです。原子と原子の相互作用をまじめに解き、ニュートンの運動方程式にのせ、そして原子を少しずつ動かしていくと、原子の動きをシミュレートすることができますこの計算には、第一原理計算による方法と、パラメータとして古典的なポテンシャルを与えてやって計算する方法がありますが、私の研究室ではその両方に取り組んでいます。

そうした研究テーマは
どのように選んでいるのでしょう。

 私の研究は、原子の動きなどを再現するだけでなく、実験では見ることのできない動きを予測できる点に強みとおもしろみがあります。研究テーマについては、もう興味のおもむくままに、研究してみたいこと全般にチャレンジするという感じでやっています。

西館 数芽 准教授

今後予定している研究テーマについて 教えてください。

 この大学にはおもしろい実験をしている教員の方がたくさんいらっしゃるので、同じテーマで実験と計算のそれぞれの立場から一緒に研究してみたいと考えています。具体的には、有機半導体の分子構造に関する共同研究を予定しています。さらに、半導体の電気伝導特性を計算によって予測するなど、より実際に動作している場面に近い状態での計算にチャレンジしていくのがこれからの目標です。
 この第一原理計算の最大のメリットは、物理化学のさまざまなテーマに対し、原子や電子1個というレベルで対応できる点にあります。今後も新しい分野にできるだけ挑戦するとともに、作成したプログラムは広く活用してもらえるよう、自由にカスタマイズして使ってもらえる形で公開していきたいと考えています。

西館 数芽 准教授

研究室の学生を指導する際、
大切にしていることは何ですか。

 教員と学生という関係ではありますが、ひとりの大人として認めた上で接するようにしています。実際の研究作業においても厳しく指導するよりも、自由に学べる雰囲気を大切しています。その方が結果的に研究に専念し、自立心も自然に育つようです。
 これからの日本の製造業を考えると、実際のモノづくりだけでなく、新しい概念をつくり出していくことも重要な仕事だと考えています。第一原理計算はそのための大きな武器になるはずです。最新の理論とコンピュータを生かし、まさに"現代のハイテク錬金術師"としてさまざまな現場で活躍できる人材を育てていきたいと考えています。

西館 数芽 准教授
応用化学・生命工学科
生理工学研究室
一ノ瀬 充行 教授
大石研究室
大石 好行 教授
八代研究室
八代 仁 教授
有機合成化学研究室
嶋田 和明 教授
マテリアル工学科
藤代研究室
藤代 博之 教授
平塚研究室
平塚 貞人 教授
山口(勉)研究室
山口 勉功 教授
吉本研究室
吉本 則之 教授
菊池研究室
菊池 弘昭 准教授
吉澤・中西研究室
中西 良樹 准教授
電気電子・情報システム工学科
高木研究室
高木 浩一 教授
今野研究室
今野 晃市 教授
西館研究室
西館 数芽 教授
本間研究室
本間 尚樹 准教授
機械システム工学科
船﨑研究室
船﨑 健一 教授
佐藤研究室
佐藤 淳 准教授
水野研究室
水野 雅裕 教授
柳岡研究室
柳岡 英樹 教授
小野寺研究室
小野寺 英輝 准教授
熱工学研究室
廣瀬 宏一 教授
社会環境工学科
福祉支援工学研究室
大川井 宏明 教授
構造工学研究室
岩崎 正二 教授
環境システム工学研究室
中澤 廣 教授
環境衛生工学研究室
海田 輝之 教授
都市計画学研究室
南 正昭 教授