岩手大学工学部 研究室訪問 Lab.Navi《ラボナビ》

岩手大学 工学部・大学院工学研究科

研究イメージ
同じ場所で栽培したしいたけ。電気刺激なし(上)と電気刺激を与えた場合(下)でここまで差が出た。
研究イメージ
小学校でのエネルギー環境学習で行う楽しい科学実験。100円ライターの部品とアルミテープを使って小さな雷を発生させる。
研究イメージ
 

その他には、どんな研究テーマに取り組んでいますか?

 プラズマは、環境改善に役立てることができます。例えば、「水中放電をプラズマを用いた汚水浄化」では、パルス電圧を使って汚水中でプラズマを起こして有害物質を分解する研究をしています。薬剤処理では難しかった無色化も可能なんですよ。それから「プラズマを用いた排気ガスの浄化」にも取り組んでいて、薬剤を使わずプラズマを利用して無害化する技術についても研究しています。

先生ご自身の専門分野は?

 もともとの専門は、パルスパワー。エネルギーをごく短い時間で、空間的にも圧縮して、普通では起こせない現象を引き起こすというものです。パルスパワー技術を基礎につくられたプラズマを用いて、環境分野や材料分野、バイオ関係に応用すると、今までできなかった事ができたり無かったものが生まれたりする。それがこの分野の面白さだと思いますよ。

高木 浩一 准教授

学生と一緒に、子どもたち向けのエネルギー環境学習を行っているそうですね。

 エネルギーや環境について楽しく学習するために、遊びながら学べる教材を開発したり、先生やNPOと一緒に小学校で授業を行ったりしています。
 今年の6月にも葛巻町立葛巻小学校で、発電体験や新エネルギーの実験を行いました。子どもたちが興味津々で目をキラキラさせながら実験に飛びついてくる姿は、教材開発などの苦労を一遍で取り払ってくれますよ(笑)。実験の楽しさ、科学の面白さを、少しでも多くの子どもたちに味わってもらい、それが次世代の地球環境にも役立てられればうれしいですね。

高木 浩一 准教授
研究イメージ

人工雷を発生させる装置と、実験を行ったホダ場の様子(盛岡市外山森林公園にて2007年秋に実施)。

高木 浩一 准教授
応用化学・生命工学科
生理工学研究室
一ノ瀬 充行 教授
大石研究室
大石 好行 教授
八代研究室
八代 仁 教授
有機合成化学研究室
嶋田 和明 教授
マテリアル工学科
藤代研究室
藤代 博之 教授
平塚研究室
平塚 貞人 教授
山口(勉)研究室
山口 勉功 教授
吉本研究室
吉本 則之 教授
菊池研究室
菊池 弘昭 准教授
吉澤・中西研究室
中西 良樹 准教授
電気電子・情報システム工学科
高木研究室
高木 浩一 教授
今野研究室
今野 晃市 教授
西館研究室
西館 数芽 教授
本間研究室
本間 尚樹 准教授
機械システム工学科
船﨑研究室
船﨑 健一 教授
佐藤研究室
佐藤 淳 准教授
水野研究室
水野 雅裕 教授
柳岡研究室
柳岡 英樹 教授
小野寺研究室
小野寺 英輝 准教授
熱工学研究室
廣瀬 宏一 教授
社会環境工学科
福祉支援工学研究室
大川井 宏明 教授
構造工学研究室
岩崎 正二 教授
環境システム工学研究室
中澤 廣 教授
環境衛生工学研究室
海田 輝之 教授
都市計画学研究室
南 正昭 教授