岩手大学工学部 研究室訪問 Lab.Navi《ラボナビ》

岩手大学 工学部・大学院工学研究科

研究イメージ
見えない流れを数値シミュレーションで解析した学生の作品。流れの中には組織的な渦構造が存在している。
研究イメージ
外部からの刺激に反応し、特定方向へ移動する性質をもつバクテリアが引き起こす生物対流に着目。工学的・環境学的な応用の可能性を探る。

先生の研究は、実験よりも
コンピュータシミュレーションが
中心というわけですか?

 実験もあるにはありますが、見えない流れを可視化しようとする上では、コンピュータを使ったシミュレーションがやはり中心ですね。そういった意味では、私の研究室で行っていることは、工学というよりむしろサイエンスに近いものかもしれません。
 物理を支配する方程式はたくさん存在します。最初にもちょっと話しましたが、そうした方程式の中で、流れを支配する"ナビエ・ストークス方程式"は、まだ誰にも解けていません。これは、懸賞金がかかるほど数学的にも非常にむずかしい方程式です。手計算で解けるようなしろものではなく、現在も世界中の研究者たちがその解を求め、コンピュータで悪戦苦闘しているのです。まあ私もその一人というわけですが、いずれはこの方程式を解くことに成功し、さまざまな流れの事象の解明につなげてみたいと思いますね。

柳岡 英樹 教授

具体的にはどんな研究テーマに
取り組まれているのですか?

 ひとつは「複雑乱流場に関する研究」があります。さきほど流れの中には渦が発生すると言いましたが、それらの渦の中に、組織的な渦構造が存在するということがこれまでの研究からわかってきました。そのひとつに「ヘアピン型」の渦があるのですが、このヘアピン渦がどういう乱れを生み、どのような熱輸送を行うのかを、スーパーコンピュータを使って解析しようと研究を進めているところです。
 また、「微生物の対流現象に関する研究」にも取り組んでいます。微生物は、重力や光、濃度などに反応して動く特性があります。その動きを「走性」というのですが、その走性を利用して微生物を意図的に動かし、流れの現象を生みだそうという、生物学と流動力学を合わせたような、ちょっと変わった研究です。この研究は微生物による環境浄化などへの応用も期待されているんですよ。
 このほかにも、「微小重力場に関する研究」や「マイクロ流体に関する研究」、「混相流に関する研究」など、さまざまな研究テーマにに取り組んでいます。

柳岡 英樹 教授

スペースシャトルや
宇宙ステーションに関連する研究にも
取り組まれているそうですが…。

 「微小重力場に関する研究」がそうです。スペースシャトルや宇宙ステーションというのは、完全な無重力ではなく、残留重力が存在します。そのため、機械の振動などによって重力変調が発生し、熱流体現象に何らかの影響を及ぼすことが考えられます。この研究では、重力変調が流れ場や温度場にどんな影響を及ぼすのか、とりわけ微生物の挙動にどんな影響を及ぶすのかを、コンピュータシミュレーションによって解明してみようと考えています。

研究室の学生をどんなふうに
育てたいとお考えですか?

 学生の多くは、卒業後に民間企業に就職することになります。そういう意味では、社会人としてしっかり仕事をしていけるように、社会人としての基本的なマナーはもちろん、問題解決能力やコミュニケーション能力、協調性なども磨いていきたいと思います。コンピュータスキルだけでなく、技術系文書の書き方やプレゼンテーションの方法などもぜひ学んでほしいと思いますね。

柳岡 英樹 教授
応用化学・生命工学科
生理工学研究室
一ノ瀬 充行 教授
大石研究室
大石 好行 教授
八代研究室
八代 仁 教授
有機合成化学研究室
嶋田 和明 教授
マテリアル工学科
藤代研究室
藤代 博之 教授
平塚研究室
平塚 貞人 教授
山口(勉)研究室
山口 勉功 教授
吉本研究室
吉本 則之 教授
菊池研究室
菊池 弘昭 准教授
吉澤・中西研究室
中西 良樹 准教授
電気電子・情報システム工学科
高木研究室
高木 浩一 教授
今野研究室
今野 晃市 教授
西館研究室
西館 数芽 教授
本間研究室
本間 尚樹 准教授
機械システム工学科
船﨑研究室
船﨑 健一 教授
佐藤研究室
佐藤 淳 准教授
水野研究室
水野 雅裕 教授
柳岡研究室
柳岡 英樹 教授
小野寺研究室
小野寺 英輝 准教授
熱工学研究室
廣瀬 宏一 教授
社会環境工学科
福祉支援工学研究室
大川井 宏明 教授
構造工学研究室
岩崎 正二 教授
環境システム工学研究室
中澤 廣 教授
環境衛生工学研究室
海田 輝之 教授
都市計画学研究室
南 正昭 教授